べつもの

最近考えていること。お酒がすきな人とお酒が飲めない人はそもそもゴールがちがうんじゃないかということ。楽しむことがゴールということは除き、お酒が飲めない人はお腹いっぱいになったらゴール。お酒がすきな人は酔ったらゴールというわけではない。そのまま酔い続けたい、気持ちよいままでいたい。なかなかゴールがないように思える。お腹いっぱいにはると帰りたくなる。ゴールにたどり着いてしまっているからもう終わりたい。お話ししたいならカフェで良いじゃんと思ってしまう。酔って楽しくなるのは良いことだと思う。だけど酔ってうざ絡みされることも、覚えてないと言われることも吐かれることも好きじゃない。もし覚えていても酔ってたから覚えてないと言えちゃうことも。シラフな人がいると会話覚えてるから本音が言えないと言われることも。飲んで忘れたいほどのことがないだと言われることも。どんどん飲み会に行きたくなくなる。どんどん関わりがなくなる。どんどん関係が怖くなる。だから新しい友達がほしくなる。カフェ友達。お酒が飲めない友達。ほんとは酒飲みたいんだろうなと思わなくて済むように。恋人も一緒に飲みに行ける彼女の方がよかったんじゃないかな。わたしじゃない方がよかったのにな。飲み会に飲めない人がいると安心する。お酒を頼まないと気まずい。お酒が飲めない国に行きたいな。

わがままなんだろうな。人がこわい。