楽しんだもん勝ち

全てにおいて受け取り方は自分次第で

自分の意図してない方向に相手が受け取ってしまうこともよくある。逆も然り。

 

 

どんなことも

楽しむか楽しめるかどうかは自分次第で

うまく楽しめない時も自分の気持ちが影響されて悲しくなる。

 

加賀温泉郷フェスにいった。急遽前夜祭から参加して、知らない人ばかりで緊張していたけど

Nachuさんがミッドナイト清純異性交遊を1曲目に流したので、

うわぁぁ!ってなって戸惑いながら

慌ててフロアに走った。

https://youtu.be/WdQ6wmap8U4

 

懐メロがたくさん流れてだんだん楽しくなる自分。よかった。いつだって楽しむかどうかは自分次第だ。ゆふぃすとさんを初めて見た。みんな楽しそうで、法被が素敵だったし、ゆっふぃさんも本当にかわいくて、アイドルだった。

昔はオタクの方々が苦手だったし、たしかに初めていったPerfumeライブも9.5割くらい男性だったし、オタクだったし、オタクの人は優しくていい人もたくさんいるのに、イメージはコミュ障だった。Perfumeの時もよくしていただいた。

大森靖子さんのファンをみてオタクのイメージが変わった。全力で応援し、全力で楽しんでる人達だった。全然コミュ障じゃなかったし、盛り上げ上手な人だって、思いやれる人もたくさんいた。オタクって勝手に男性のイメージだったけど、そうじゃないみたい。誰かから見たら私もオタクに見えたりするのかな??

なんだろうねオタクって。なんだろうね。

....

オタク(おたく)とは、自分の好きな事柄や興味のある分野に、極端に傾倒する人を指す呼称。 アニメ、漫画、玩具、映画、コスプレ、ゲーム、アイドル……。 さまざまな大衆文化があるが、そのような特定の趣味の対象および分野の愛好者、ファンを指す語として使われる。 英語ではこのよう趣味を指して「otaku」でも通じる。
オタク (おたく)とは【ピクシブ百科事典】

 

....

 

 

なんだ、やっぱり人生楽しんでる人じゃん。

 

 

浴衣で騒いでハイになってみんな楽しそうでこっちも嬉しくなってめっちゃ良い温泉入って、はとりもるりこうにも泊まって、温泉温泉温泉入って、お風呂って心を許すのか、いつだってゆっくり話したくなる。

昔行った温泉音楽。あの時はデデマウスとかテイトーワとかceroききにいったんだよね。

友達と温泉でゆっくり話した。そんな彼女の結婚式のスピーチを頼まれた。

 

2012年4月22日(日) 新潟県 月岡ニューホテル冠月・冠月ホール
<収録曲>
LIVE:TOWA TEI / DE DE MOUSE / みち(安齋肇小野瀬雅生フォークデュオ) / 前野健太 / cero / Omodaka / 片想い / Naturally Gushing(サワサキヨシヒロ feat テディ熊谷)
DJ:ミッツィー申し訳、さとうまこと

 

あれ?前野健太さん?!

なつかしい。あのころ。デデマウスのプラネタリウムイベントも最高だった。MEGもカプセルもダイシダンスもDJmakai も。takutakahashiさんのDJが1番すきだった。ハウスネーション。クラブで遊ぶのがおしゃれだと思っていた。今でもそこで出会って仲良くしている友達。ふしぎ。そもそも目立つキャラじゃなかった。

 

 たまにタイムスリップする。

忘れちゃいけない思い出。忘れたい思い出。