くだらないに満足を

くだらないことがすきだし、億劫な毎日にちょっと癒しとか笑いとか忘れたいことを忘れる瞬間とか、当たり障りのないことがほしいんですよ。

考えることに疲れた我々は

適当にゆるりと過ごしたくなるんです。

 

考えなくても良いこと、意味のないこと

深夜に見たい番組みたいに頭を使わないただ流れるだけの声に色に。

 

そんなくだらないことを届けたいし、

その一瞬だけでも笑ってほしいって

自己満の世界に自己満足してるだけだよ