エミール・クラウス

ベルギーの印象派

 

陰と陽がすばらしくて、

光のまぶしさに、キラキラとする世界に、

私はそっちの世界にはいけない。

そっちの世界にはいない。

泣きながら絵を見たのははじめてだった。

 

 

f:id:ccssmmy:20170613231304j:imagef:id:ccssmmy:20170613231306j:image